Wednesday, February 15, 2006

Yoga Asana Championship

先週末はヨガ三昧だった。金曜日はBikramの60th Birthday Party、土・日は二日ともYoga Asana Championship。ダウンタウンのSheraton Hotelで開催されたこのイベント、今年も最高に盛り上がった。

まず最初の土曜日は、US Men's & Women's Final、そしてJapan Women's Final。私の友達、響子が日本女子の一位になった!その他、いつも行くスタジオで教えている先生、AshleyとJuanもそれぞれUS WomenとUS Menで一位!!

二日目はMen's FinalとWomen's Final - 世界各国からヨギが集まった。しかしアメリカ勢強し。男子、女子共にチャンピオンはアメリカ、それもカリフォルニア出身のヨギ!Ashleyがチャンピオンになったのはうれしかった☆ 二日間連続、すごいアサナを見せてくれた。ステージでの存在感、優美さも一番だったように思った。

このYoga Championship、賛否両論ある。なんでヨガが競争に?と思う人もたくさんいると思う。実は私もちょっと思ったりした。でも二日間見ての感想は、これはやっぱり自分との戦い。確かに体が柔らかくなければ勝てないというのは本当だし、アサナの完成度が高くなければ勝てないというのも本当。でもそれ以上に思ったのは、あの会場いっぱいの観衆の前で平常心でperformできなければチャンピオンにはなれない。物音一つしない会場であの高いステージに上り、All eyes are on youの状態で7つのアサナを3分以内にこなす。緊張しないわけがない。そんな中で平常心を保ち、いかに緊張しないで、Smileをキープしつつあれだけのアサナを見せるのは相当な精神力がいると思う。そんな意味でやっぱりこれは自分との戦いなんだな~、と思った。

まあそれでも私自身は一生出ることはないものだと思う。この体の硬さでは一生かかっても無理!(笑)Championshipに出る人たちの足元にも及ばない。それにアサナの外観に捉われすぎるのもイヤだ。その道には一度行ったが、結果は?だ。結局「もっと、もっと」というところに行ってしまい、エンドレスだ。やはり私にはブライアンから教わった、Looking goodよりもFeeling goodを優先してHappyになる、という道のほうが合っている。

3 comments:

sakura_us said...

響子さんやっぱり優勝されたんですね。すごーくきれいだったもの。落ち着いていたし。
チャンピオンシップ見ていたら、またビクラムにも行きたくなっちゃいました。
今日、amiちゃんご推薦のブライアンに行って来ました!楽しかった!今回は少しブライアンのジョークも分かりましたし。なんか、だんだん渋みが増してきますねえ、彼。
今度行く時は事前にご連絡しますね。また一緒にヨガしましょう。

Ami said...

sakuraさん:
そうそう、響子すごく良いPerformanceでしたよね☆ 華もあったし!

ブライアンのクラス、今度是非ご一緒しましょう♪ 私は昨日ボストンから帰ってきたんですが、今晩早速クラス受けに行ってきま~す。

naa said...

初めまして、naaといいます。
ビクラムヨガをいろいろ検索していてamiさんのブログを見つけました。
ヨガコンペティション観に行かれたんですね!

今はSan Joseに住んでいるんですけど、私の通っているスタジオのインストラクターが今年はインターナショナルチャンピオンになったんです。そんな環境でヨガができるのはありがたいのですが、LAのヨガ環境の充実ぶりがうらやましいです。

仕事がこちらなのでSan Joseに居るんですけどもっと暖かいLAに越したいなーなんて思っています。


別の日記でTTを受けられるとありましたが、ビクラムですか?今年はハワイですよね?
私もTTを探しているのですが、フルタイムで働きつつ受けられる所が近所に無くて…
9週間も休ませてくれるような会社は無いですもんね…
Whole Foodsのこととかも書いていらして勝手に親近感を感じています(笑)また、遊びにこさせてくださいね!